退職代行のその後・求人に影響は?転職不利になる?転職先にバレる?

退職代行
画像:ぱくたそ

 

どうもこんにちは!

 

退職代行サービスで仕事を辞めちゃった男、はやてです。

 

私が退職代行サービスで、実際にトラブルなしで会社を辞められた話はこちら

 

今回は、退職代行で辞めた後、求人・転職に影響はあるの?

ってことについて、書いていこうと思います。

 

結論から先に言っておくと、全くと言っていいほど影響はありませんし、不利になることもありません

が、地域や職種によっては、「応募しづらい」先は出てくると思います。

 

それらについて、解説していきます。

 

退職代行の使用によって応募できる求人に影響はある?→ありません!

 

いきなり、結論ですが、

退職代行を使ったからと言って、使わないで辞めていった人と、応募できる求人に差はありません!

手続きの書類などに、退職代行について記載する項目一切ありませんのでご安心ください。

ハローワークの求人でも、オンラインの求人でも、知り合いの紹介でもなんでもOKです。

 

ただし、必ず、退職理由が自己都合退職になるので(パワハラ等証拠提示できる場合を除く)、

再就職手当をもらって就職したい場合は、ハローワークに離職票を持って行ってから

1か月と7日間ハローワークで出している求人からしか就職が出来ないので注意しましょう。

 

知り合いの紹介なども含め、この期間にハローワーク以外で仕事を決めてしまうと、

再就職手当の給付はなくなるので注意してください。

この辺の手当の話は、この記事でもまとめているので気になる方はどうぞ。

 

退職代行の使用で、転職に影響はある?転職先にバレる?→大丈夫です!

 

こちらも、一切、影響はありません!基本的にバレることもありません

先ほども記述しましたが、手続きの書類などに、退職代行の使用有無を記載するような項目はありません

転職時の書類も、同様です。入社してからも、特に書く必要はありません

 

昔は、前職調査というものがあったりしましたが、

個人情報保護法の観点から、同意なしで前職を調査する行為自体が違法になったため、

前職調査で退職理由がバレる!ということはなくなりました退職理由も立派な個人情報なのでね。

 

ですので、求人・転職回りに関しては比較的安心して、退職代行を使ってしまってOKです。

 

退職代行で転職活動に間接的に影響が出てしまうケース(体験談)

 

直接的ではないのですが、間接的に影響が出てしまう場合があります。

…というのも、のような地方で法人相手の外回りの仕事をしていた人の場合ですね。

 

避ければいいだけの話なのですが、求人を見てると、「うわ、ここ受けらんね~~」みたいな先が結構あります。

 

理由としては、

  • 求人先が元自分が担当して、メッチャ訪問していたお客さん
  • 求人先が上司の良く通っているお客さん

 

みたいな感じです。

 

超、行き辛い~~~~~ってやつです。

引き継いでないお客さんどんな顔して会えばいいんだよ~~~ってなります。

いや、1回行ってしまえばどうとでもなるかもしれませんが…回目がキツいですね。

 

そして元上司に鉢合わせするのは基本的に考えたくないですね(笑)

同僚、後輩なら別に…って感じですけど…

まあ、上司も来辛くなって来なくなりそうだな~~、とも思いますが(笑)

 

地方だとこういうことが起きがちだと思うので、

地方で退職代行を使おうと思っている人は、影響範囲がどこまでかあらかじめ見ておいた方が幸せかもしれません!

 

まとめ:退職代行は求人・転職には影響なしだが、地方の人は注意!

 

基本的に、求人、転職に際して、直接的な影響は全くないです。

が、地方在住の方は少しだけどこまで影響が及びそうか判断して使った方がいいかもしれませんね!

 

応募しづらい求人ばかりで、結局引っ越しする羽目になった…となるとお金の面でもかなりキツイと思うので、注意して進めましょう

 

私が退職代行サービスで、実際にトラブルなしで会社を辞められた話はこちら

 

また明日も更新予定です!

 

ではまた

コメント