未払い賃金、残業代をもらって辞めたい!どの退職代行なら失敗しない?

退職代行

 

どうもこんにちは!

 

退職代行サービスで仕事を辞めちゃった男、はやてです。

 

私が退職代行サービスで、実際にトラブルなしで会社を辞められた話はこちら

 

未払い賃金や残業代がある…退職代行を使っても請求できる?

 

退職代行を使いたいという方は、やはりブラック企業にお勤めの方が多く、

未払い賃金・残業代のような金銭トラブルも頻発するケースです。

 

今すぐ会社を辞めたいけど、できれば未払い賃金は回収して辞めたい…

今回は、こういったお悩みにお答えします!

 

結論からいくと、退職代行を使っても、未払い賃金や残業代は請求できます

 

順を追って、説明していきますね。

 

退職代行サービスは3種類。それぞれの違いは?【企業、労働組合、弁護士】

 

退職代行サービスは、ザックリ分けると3種類のものがあります。

  • 一般企業の運営する退職代行

会社との交渉事は一切不可労働組合・弁護士をバックに付けている場合は、一部交渉可能

あくまで、退職するという旨を電話で代わりに伝えるだけ。会社が抵抗すれば退職に失敗する

 

  • 労働組合の運営する退職代行

団体交渉権を行使して会社と交渉できる公務員以外で、揉め事がなければこれでOK。

証拠がそろっていれば過去の未払い給料などの請求交渉もできる。

 

  • 弁護士の運営する退職代行

弁護士法で会社と交渉できる法的手続き関連全部代行してもらうこともできる。

証拠なくても弁護士側で証拠を集めて過去の未払い給料などの交渉もできる

 

一般企業が一番弱くて、弁護士が最強です。

金額も、一般企業が一番安くて、弁護士が一番高いです。

 

一般企業の退職代行は、安いですが、失敗するケースもあるので、おすすめしません

また、今回のようなケースは、一般企業の退職代行では一切対応できません

 

したがって、未払い賃金などの問題は、労働組合or弁護士にお願いする必要があります。

 

また、労働組合や弁護士の退職代行に依頼するメリッはこれらです。

 

退職代行サービスを利用することによるメリット

  1. 二度と会社に行かなくていいので、上司など、イヤな奴と顔を合わせなくて済む
  2. 引き止め遭うことはない
  3. 引継ぎ業務は、必要なし書面のみで完了
  4. 有給消化確実にできる
  5. 即日、100%辞められる

 

 

基本的に、どの状況でも弁護士の退職代行にお願いすれば間違いない部分ではあるのですが、

さきほど説明させていただいたように、弁護士の退職代行は一般的に金額が高いです。

状況によっては、少し安い労働組合の退職代行にお願いしても解決できます。

 

分岐点は、請求のための証拠があるかどうか、です。

次で、詳しく説明していきます。

 

未払い賃金請求の証拠があるかどうかで、使える退職代行が変わる!

 

未払い賃金請求のための証拠には、以下が該当します。

 

  1. 雇用契約書
  2. 仕事のメール
  3. 日常のLINE(家族へ「今日も残業で、今会社を出た」など定常的に連絡していた場合)
  4. パソコンのスクリーンショットやログ
  5. 上司からの残業指令など
  6. 不足がある給与明細書等
  7. 就業規則のコピー
  8. タイムカードの記録

 

3番は無くても問題ないケースがありますが、

それ以外が1点でも欠けている場合や、そもそも業務でパソコンを使用していない場合は、

問答無用で弁護士の退職代行に依頼するのが吉です。

 

弁護士代理で、証拠集めを進めてくれます。

もしくは、ちょっと我慢して出社して、証拠だけはかき集めましょう。

 

全部そろっている場合は、労働組合の退職代行で問題ナシです。

 

どちらの場合も、退職代行サービスに依頼する際に、未払い賃金や残業代を請求したい旨を

伝えて手続きを進めてくださいね!

 

ただし、証拠不十分で請求するに至らないケースどうしても起こり得るので、ご理解ください。

 

 

証拠がそろっていない場合:弁護士の退職代行のおすすめ2選!

 

実は、世の中には、「弁護士監修」とうたっている退職代行業者があります。

この「弁護士監修」の退職代行は、実際に弁護士が退職代行を実行しない(=会社がやる)ため、

弁護士にのみ可能法的手続きの代行ができず、未払い賃金請求の対応が不可能です。

 

絶対に、弁護士が直接運営している退職代行サービスを選ぶようにしてください。

 

というわけで、弁護士が直接運営・実行する、退職代行サービスを2つ紹介します!

 

退職代行NEXT:最安値の弁護士退職代行サービス!後払いも可能


☆退職代行NEXTの特徴

  • 弁護士の事務所による運営
  • 価格:33,000円(税込) 銀行振込、クレジットカード対応 後払い可能
  • メール、電話、LINEで相談可能
  • 電話、メール、退職代行実行可能時間9:00~19:00 

 (LINEは24時間対応だが返信すぐ来るとは限らず)

  • 失敗したら全額返金保証付き!

 

弁護士の退職代行50,000円台~であることが多いのですが、

こちらは33,000円と…めっちゃくちゃ安いです。

 

かといって、いままで、辞められなかった前例はありません退職成功率100%

ちなみに、数少ない、後払い可能な退職代行サービスでもあります。

 

他の弁護士の退職代行サービスと違い、明確なデメリットが1つだけあって、

基本的にメール・電話での対応で、なおかつ対応時間が9:00~19:00のみというところですね。

 

それを除けば、低価格なのに最高水準の退職代行です。

上記の対応時間に問題がなければ退職代行NEXTを選択するのが、ベストです。

 

弁護士運営の退職代行サービスを使う場合、

弁護士によるある程度詳細なヒアリングを受けることが義務になっています。

 

LINEでも相談できますが、こちらの場合は、

電話・メールで初めから相談したほうが、よりスムーズみたいです。

 

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

弁護士法人みやびの退職代行:弁護士実行の退職代行の口コミ評判トップ!

 

☆弁護士法人みやびの退職代行の特徴

  • 弁護士の事務所による運営
  • 価格:55,000円(税込) 銀行振込のみ
  • LINE、メールで相談可能
  • 24時間365日対応!

 

とにかく対応が懇切丁寧ということでかなりの評価を得ている退職代行サービスです。

 

こちらは、24時間365日対応になっていますので、

前述の退職代行NEXTの稼働時間では都合がつかない場合コチラを使用しましょう

 

弁護士直接対応ですので、辞められない・請求できないという心配は全くありませんご安心を

 

弁護士による退職代行

 

証拠がそろっている場合:労働組合の退職代行のおすすめ!私も使いました

 

請求の証拠がそろっている場合は、金額的にも安く済むので、労働組合の退職代行でOKです。

私が実際に使った退職代行サービス【退職代行ガーディアン】が間違いないのでおススメです。



 

 ☆退職代行ガーディアンの特徴

  • 労働組合による運営。団体交渉権を使って会社と交渉可!
  • 3か月間は何かあっても会社と交渉してくれる
  • 価格:29,800円(税込) 銀行振込、クレジットカード対応
  • LINE、電話で相談可能
  • 24時間、365日対応

 

退職代行ガーディアンを使っての退職時の体験談は、

【体験談】退職代行サービスで、実際にトラブルなしで会社を辞められた話

を見てみてください!

 

退職成功率も100%です。

金額も高くないので、自信をもっておすすめできます。

 

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

 

 

退職や賃金請求は労働者の権利!ブラック企業に負けるな!

 

日々、抑圧されて感覚がマヒしてしまっている方々も多いのではないかと思うんですが、

退職の権利や、賃金をもらう権利は、労働者にとって当たり前の事です!

 

法的に対応できる退職代行業者に頼めば、しっかり、処理してくれます。

 

一人で、会社に立ち向かうってのは相当勇気がいる事ですからね。

自分でどうにもならなければ、人の手を借りるのはなにも恥ずかしい事ではありません

 

自分では請求できないで辞めるよりも、かえって退職代行業者に頼んでしまった場合の方が

トータルで費用的にもメリットが出る場合も多いので、積極的に活用しましょう

 

みなさんがしっかり賃金をもぎ取って辞められることを祈っています!

 

ではまた!

 

コメント