公務員や自衛隊員は退職代行使えるの?【失敗しない為には弁護士を】

退職代行

 

どうもこんにちは!

 

退職代行サービスで仕事を辞めちゃった男、はやてです。

 

私が退職代行サービスで、実際にトラブルなしで会社を辞められた話はこちら

 

今日も、見に来ていただいて、ありがとうございます

 

今回は、公務員自衛隊員のような、一般の会社員とは違うお仕事をされている方向けの記事です。

正式には自衛隊員も公務員に属するのですが、説明のために分けているのであらかじめお断りしておきます。スミマセン。

 

公務員や自衛隊員も退職代行は使える?→結論、弁護士のなら使えます!

 

公務員や自衛隊員の方の場合、上司の方も法規に則った方々ではあるはずなので、

退職を申し出て、引き止められて辞められないということは基本的にはありません。

 

ですが、意外と退職代行が利用されているようで、モンスター上司みたいなのがいるのかな…?

辞めると伝えるのを凄く言いづらいのかな・・・?と思っています。

 

実は、公務員自衛隊員は、退職方法に別途規定があったりするので、

どの退職代行でもトラブルなく辞められるわけではありません

 

結論から言うと、弁護士の運営する退職代行を使わないとトラブルが起きますよ

ってことなんですが、今回は、その点について、詳しく解説していきます!

 

公務員や自衛隊員は、どの退職代行でも退職できるわけではない!なぜ?

 

公務員の場合:公務員法により規程!地方公務員は条例にも左右される!

 

公務員の退職は、民法上の一般的な退職とは違い、公務員法によって規定されているので、

実は、少しパターンが変わります

 

また、条例によって、退職関連のルールが定められている場合があります。

中には現在遂行中の職務を放棄しちゃダメ!みたいな条例の地域も多かったりするので、

一般企業や労働組合の退職代行では対応しきれないケースが発生したりします。

 

そのため、必ず、弁護士の退職代行を使用してください!

弁護士であれば、公務員法の規律であっても代理で対応できます

 

その他の退職代行を使用した場合、

  • 引継ぎで結局しばらく出勤
  • 進行してる職務が完了するまでしばらく出勤

 

ということになってしまう可能性が非常に高いです。

 

退職代行を使うほど追いつめられている方としては、

一番、避けたいパターンだと思うので、やはり弁護士の退職代行を使いましょう!

 

自衛隊員の場合は自衛隊法でさらに退職に規定がある!

 

自衛隊は、実はさらに退職に関して厳しいです。

ですが、弁護士の退職代行であれば、全く問題なく対応可能です!

 

自衛隊法第40条に記載がありますが、めっちゃ要約すると、

すごい任務に支障が出そうなら、必要最低限で退職を後ろ倒しにさせるのはOK」ってことです。

 

そのためできればキリのいいタイミングで退職できればベストではあるのですが、

どうしても退職したい場合はやはり弁護士に頼んで、退職タイミングの相談をすべて代行してもらいましょう。

 

今のところ、自衛隊員のケースで、弁護士運営の退職代行で退職が伸びたできなかった事例は

1件もないようなので、ご安心ください

 

どこの退職代行がおすすめ?状況に合わせて2パターンご紹介します!

 

さあいざ退職代行!ですが、

実際にどこの退職代行を使えば間違いない?という話になってきますよね。

 

弁護士の退職代行もたくさんあるのですが、

弁護士実際に運営・実行する退職代行と、弁護士監修する退職代行は全く違うものになります!

 

一部の手続きは、弁護士が直接実行しないとNGのものになってしまうので、

弁護士が直接実行する退職代行サービスを選択してください!

 

というわけで、弁護士が直接実行する退職代行サービス2つ、紹介します。

 

退職代行NEXT:最安値の弁護士退職代行サービス!


  ☆退職代行NEXTの特徴

  • 弁護士の事務所による運営
  • 価格:33,000円(税込) 銀行振込、クレジットカード対応 後払い可能
  • メール、電話、LINEで相談可能
  • 電話、メール、退職代行実行可能時間9:00~19:00 (LINEは24時間対応だが返信すぐ来るとは限らず)
  • 失敗したら全額返金保証付き!

 

弁護士の退職代行50,000円台~であることが多いのですが、

こちらは33,000円と…めっちゃくちゃ安いです。

 

かといって、いままで、辞められなかった前例はありません退職成功率100%

ちなみに、数少ない、後払い可能な退職代行サービスでもあります。

 

他の弁護士の退職代行サービスと違い、明確なデメリットが1つだけあって、

基本的にメール・電話での対応で、なおかつ対応時間が9:00~19:00のみというところですね。

 

それを除けば、低価格なのに最高水準の退職代行です。

上記の対応時間に問題がなければ退職代行NEXTを選択するのが、ベストです。

 

ちなみに、弁護士運営の退職代行サービスを使う場合、

弁護士によるある程度詳細なヒアリングを受けることが義務になっています。

LINEでも相談できますが、電話・メールで初めから相談したほうが、よりスムーズみたいです。

 

この退職代行NEXT、これだけの低価格弁護士実行ですし、

名称に「弁護士」が入っていないせいで、割を食ってるような気がしています(笑)

正直、時間の折り合いさえつけば、この退職代行を利用しない手はないと思うのですが…

 

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

弁護士法人みやびの退職代行:弁護士実行の退職代行の口コミ評判トップ!

みやび 弁護士 退職代行

 

  ☆弁護士法人みやびの退職代行の特徴

  • 弁護士の事務所による運営
  • 価格:55,000円(税込) 銀行振込のみ
  • LINE、メールで相談可能
  • 24時間365日対応!

 

とにかく対応が懇切丁寧ということでかなりの評価を得ている退職代行サービスです!

 

こちらは、24時間365日対応になっていますので、

前述の退職代行NEXTの稼働時間では都合がつかない場合コチラを使用しましょう

 

弁護士直接対応ですので、辞められないという心配は全くありませんご安心を

 

弁護士による退職代行

 

まとめ:公務員も自衛隊員も、弁護士の退職代行で円滑に退職しよう!

 

大体なんでも法的に解決できる弁護士に頼めば、一般の会社員でなくても全く問題なく退職できます

ただし、業者を間違えると厄介なことになってしまうので、先述の二つなら間違いないですね!

 

ただし、冒頭でお伝えした通り、

民間の企業と違い公務員は基本的に退職したい事を伝えれば円滑に退職できるようになっているので、

本当に、どうしても上司に退職を伝えられない状況になった場合に使うのが良いかと思います!

 

お悩みの方、円滑に退職できることを祈っております

 

ではまた!

 

コメント